バツイチの味方!婚活のススメHOME » バツイチ婚活相談室~あなたの悩みに答えます~ » 教えて!再婚相手とどこで出会いましたか?

教えて!再婚相手とどこで出会いましたか?

再婚を諦めたくないバツイチ(シングルマザー)の「出会い」について考えます。

Q: 再婚したいけど、どうやって出会いを探せばよいのでしょうか?(38歳・女性)

周りの目が気になるイメージ画像

3年前に離婚したバツイチです。

息子が小学校に入学して、育児が少し落ち着いたので、再婚を考えるようになりました。

ですが、どうやって相手を見つければいいのか分かりません。

昔は合コンに参加して出会いを探していましたが、今は息子がいますし、夜の外出は控えたいところ。

それ以前に、バツイチの子連れが合コンに行くことに、あまり良く思われないんじゃないかと不安です。

再婚した人は、どうやって出会いの場を探し、相手を見つけているのでしょうか?

A: さまざまな出会いチャンスあり!多くのバツイチさんが出会いを求めています

婚姻歴の有無に関わらず、出会いのきっかけは人それぞれ。

「信頼できる友人の紹介」や「趣味を通じて知り合う」など、さまざまな方法があります。

しかし、最近では「婚活」で積極的に出会いを求める人が急増中!

再婚者のみが参加できる婚活パーティーや、再婚限定プランで活動できる結婚相談所もあります。

つまり、多くのバツイチさんが出会いを求めているということ。

それでは再婚できた人は、一体どのように相手と出会ったのでしょうか?

再婚者さんのエピソードから、相手探しのコツを探ってみましょう。

三者三様!? バツイチさんの再婚エピソード

彼の転勤がきっかけとなり、再婚を決めました
現在の夫は仕事仲間で、恋愛対象外でした。
けれども、友人関係を続けるなかで、少しずつ愛情に変化していきました。
彼が私の子どもを可愛がってくれるのを見て、お付き合いしたいと思ったのです。 交際を始めて1年、彼の転勤が決まったときに「一緒に来てほしい」とプロポーズを受けました。
シングルマザーで大変な私を、なぜ選んでくれたのか彼に聞いてみると、明るく楽しく生きる私の姿に心打たれたからだそう。
当時、ひとりで子どもを育てなければならないという厳しい現実に落ち込んでいた私でしたが、なるべくポジティブに考えようと振る舞っていたことが、結果、夫との縁をつないでくれたようです。
再婚だからといって、引け目に感じる必要は一切なし!幸せは自分で引き寄せるものだと思います。
家庭的な姿を見て再婚を決めました
30歳で離婚。40歳のときに今の主人と出会ってから、1年で再婚しました。
付き合い始めた当時は、再婚の意思はなかったです。
しかし、同じく離婚歴がある主人は再婚願望が強く、猛烈なアプローチを受けていました。
その熱意に押されて、試しに3ヵ月間だけ同棲を開始。
前の夫と違って家庭的な主人の姿を見て、再婚を決めました。 再婚する前には、過去の結婚や心配事を相手と話し合うことをおすすめします。逆に再婚後は、以前の結婚について口にしないこと。
相手が再婚者の場合も同様です。 「大切なのは過去ではなく、今」という気持ちがうまくいく秘訣かもしれません。
離婚後に再会・意気投合!
26才で離婚して31才で再婚、出産しました。 今の夫は独身時代からの知り合いでした。
離婚後に再会して、意気投合。そこからトントン拍子に再婚しました。
私も夫もバツイチなので、一度失敗したぶん学んでいます。力の抜き方をわかっているので、一緒にいて楽ですね。 離婚という経験無くして、今はなかったと思います。

出会う方法よりも考え方が大切!
体験談からわかるように、出会い方よりも「バツイチ」という事実をどのように受け止め、ポジティブに捉えるのかがポイントだということがわかります。

では、次に再婚するための大切な3つのポイントをご紹介します。

バツイチさん必見!再婚を引き寄せる3つのポイント


1.自分らしさと魅力を忘れない

離婚を経験した人は、バツイチであることに引け目を感じている人もいます。

そのため、自然とネガティブな気持ちになり、表情も暗くなりがち。

バツイチだからという理由で、本来持っている「自分らしさ」を閉じ込めてしまうのはもったいない!

再婚の第一歩は、相手にありのままの自分を好きになってもらうことです。

ですので、出会いを求めるときは、自分らしい振る舞いを忘れないようにしましょう。


2.相手に自分のことを話す

再婚を考えるにあたって、気になる相手には相手に離婚の理由を話しておくとよいでしょう。

バツイチに引け目を感じて、相手に何も言わないのは、不信感が募る原因となってしまいます。

言いづらいでしょうが、正直に離婚の理由を話すと◎。

逆にあなた自身を誠実な人だと思ってくれる人も多いそうですよ。

けれども、話すときには、過去の相手を悪くいうのはNG。ただの愚痴にならないように気を付けて。


3.過去の経験を活かす

バツイチの人は初婚の人と比べて、経験があることをメリットとして捉えましょう。

交際中に起きたトラブルにも、適切な対応ができたり、人の気持ちを考えられるので、先回りして行動できるスキルが身についていると言われています。

このように、過去の経験から、同じ轍を踏まないために試行錯誤もするようになり、相手とよりよい関係を築けるはずです。

再婚希望者の多くは離婚歴を気にする人が多いですが、「バツイチ」という過去を受け入れ、それを前向きに捉えることが再婚の近道なのです。

成功者が語るバツイチ婚活のススメ