バツイチの味方!婚活のススメHOME » バツイチ婚活相談室~あなたの悩みに答えます~ » 再婚したいけど出会いがない

再婚したいけど出会いがない

再婚を決意したバツイチさんが最初に悩む「出会いの場」に関するお悩みです。

Q:再婚したいけれど、出会いがありません(37歳・女性)

孤独イメージ画像

30代後半、バツイチです。離婚から1年が過ぎ、やっと再婚を考えられるようになりました。

「今度こそ幸せな結婚をしたい」と思っていますが、職場は9割が女性で、合コンや紹介も期待できない環境です。

できれば同年代・アラフォーの落ち着いた男性と出会いたいのですが、どうしたらいいのでしょうか。

再婚している人たちは、どこで出会ったのでしょうか?

A:待っていても時間のムダ。自分に合った婚活方法を知ることが近道!

3組に1組が離婚しているなかで、離婚歴がハンデになるなんてことは、まずありません。

再婚した人たちのきっかけは、「会社の同僚」「知人の紹介」が最も多く、次いで「結婚相談所」「婚活パーティー」「婚活サイト」といった再婚を目指している人たちが集まる場所で知り合っているようです。

こうして見ると、初婚も再婚もきっかけはほとんど同じことがわかりますね。

ただ30代になると、まわりも結婚している人ばかりだし、友だちの紹介も期待できなくなります。

今は初婚者でさえ、 「どこかにいい人いないかな~」と待っているだけでは結婚できないシビアな時代。

本当に再婚したいなら、自分から出会いを求めて動かないと、何も始まりません。

「再婚したいから、いい人がいたら紹介して!」とまわりに言っておくのも効果的ですが、自分に合った婚活方法を知っておくと有利ですよ。

以下に、おすすめの婚活方法をまとめてみました。再婚できる確率が高い順に紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

結婚相談所(再婚できる確率:80%)

 特徴 専任アドバイザーから条件に合う相手を紹介してもらえるサービス。入会には身分証明書や独身証明書を提出する必要があるので、身元確認もバッチリ!また、真剣に結婚(再婚)を考えている人ばかりなので、出会ってからゴールまでの期間も短いです。
メリット 自分が希望する条件・人柄に合った相手を探してくれるから、自力で婚活するより効率がよく、ふだんの生活では出会えないような相手を紹介してもらえる。さらに、婚活をする上での不安・悩みを相談できるので、バツイチさんにとって心強い味方になってくれます。
デメリット 婚活パーティー、婚活サイトなどと比べて料金が高い。

再婚プランが充実!おすすめの結婚相談所はこちら▶

婚活パーティー(再婚できる確率:45%)

 特徴 少人数制から100人以上の大人数制まで、パーティーの規模が幅広い。
「同年代限定」「バツイチ&理解者」といったパーティーもあるので、希望条件や自分のステータスに合わせて選ぶことができます。
メリット 自分がバツイチであることを公表した上で参加できる。バツイチ理解者の相手と出会えるので、効率的に婚活できます。参加料も安いです。
デメリット 1人の相手と話せる時間は5分くらい。回転寿司スタイルの席替えを行なうため、短時間でアピールできる積極性が必要。また、若い女性やルックスのいい人に人気が集中する傾向があります。

婚活サイト(再婚できる確率:25%)

 特徴 インターネットを通じて相手探しができる。登録人数が多く、ほとんどのサイトで婚姻歴が入力できたり、「バツイチ理解者」を表示する機能があるので、効率的に活動できます。
メリット 24時間いつでも利用できるから忙しい人に向いています。自分の婚姻歴を公開できるだけでなく、バツイチに理解があるかどうか、相手のプロフィールもチェックできます。
デメリット 年齢・身長・職業・年収など、データマッチングが主なので、条件重視になりがち。
実際に会うまで相手の性格や人柄が分かりづらい。また、同じ条件の会員がいた場合、初婚の方が選ばれてしまう傾向があります。

社会人サークル(再婚できる確率:10%)

 特徴 趣味を通して友だちづくり・恋人づくりをする出会いの場。
「婚活」というより、「恋活」「友活」に近いので、異性との出会いが欲しい、時間をかけて仲良くなっていきたい人に向いています。
メリット 料理・スポーツ・お酒など、共通の趣味を持つ仲間と出会える。
異性はもちろん、同性とも仲良くなれるので、交友関係が広がります。
デメリット 婚活目的で参加している人が少ないため、結婚までたどり着くのは難しい。
また、バツイチであることを明かすタイミングも考える必要があります。

自分に合った婚活方法で、ステキな人との出会いを叶えましょう!

成功者が語るバツイチ婚活のススメ