バツイチの味方!婚活のススメHOME » バツイチ婚活相談室~あなたの悩みに答えます~ » バツイチさんが幸せな再婚を叶える3つのポイント

バツイチさんが幸せな再婚を叶える3つのポイント

一度失敗をしているバツイチさん。果たして、再婚で幸せになることはできるでしょうか。

Q:同じ失敗はしたくない!バツイチでも幸せになれますか?(34歳・女性)

幸せな再婚のイメージ写真

34歳のバツイチです。

3年前に離婚をして、「もう二度とあんなツラい思いはしたくない!」と仕事に打ち込んできました。

でも近ごろ、おなじ時期に離婚をした友人が再婚して幸せそうにしている様子を見て、心が揺らいでいます。

一度は失敗した私ですが、再婚をして幸せになることはできるのでしょうか?

A:幸せな再婚をするには、いくつかのポイントがあります

厚生労働省の人口動態調査(平成22年度)によると、男性は約7割、女性は約6割のバツイチさんが再婚しています。

離婚から1年以内に再婚した男性は16%、3年未満は40%、5年未満は57%、10年未満は83%。一方、1年以内に再婚した女性は13%、3年未満は37%、5年未満は55%、10年未満は81%です。

つまり、半数以上のバツイチさんが離婚から5年以内に再婚しているということです。

さらに気になるのは、「再婚した人の約50%が離婚している」という衝撃の事実!

幸せな再婚生活を送っているバツイチさんと、二度目の再婚生活もうまくいかなかったバツイチさんの違いは、一体どこにあるのでしょうか?実際に再婚した女性たちのエピソードから掘り下げてみます。

その1:お互いの本質が見えていなかったケース


幸せエピソード
離婚から4年後に再婚しました。初めての結婚の時は夫のことしか見えていなくて、依存してばかりだったのが今ならわかります。お互いに負担があったのかもしれません。
一人になって、精神的にも経済的にも自立しなければいけないと感じたとき、自分を見つめ直す時間ができました。
きっと昔の私なら気付くことのない感情だったかもしれません。

失敗エピソード
再婚した彼は、事あるごとに元妻と比べて、私のやることに文句をつけていました。
出会った当初はお互いにバツイチということもあり、とても気が合うと思っていたのですが、浮かれていただけで勘違いをしていたようです。
最初の離婚後、一人の生活を半年も送ることなく同棲をしたことで、相手の良いところ・悪いところをしっかりと見ることができませんでした。そのせいで、2回目の離婚をすることに…。当分は、恋愛も結婚もするつもりはありません。

エピソードからわかること:時間をおいて考える

離婚をすることで味わう、ツラい気持ちや寂しさから逃げるように再婚をする人がいますが、これは絶対にNG!気持ちが弱っている時の恋愛・結婚はとても危険です。
精神的に安定している状態でないと、たとえ無意識でもなにかにすがりたくなってしまいます。
そんな状態で出会った相手だとすべてをいい方向に勘違いしてしまい、冷静になっても時すでに遅し。
また一つバツが増える可能性だってあります。
そんなことにならないためにも、勢いだけで結婚、離婚をしないことです。
楽しいとき、ツラいとき、一生を共にできるのかを冷静に考えてみましょう。

その2:「どんな暮らしをしたいのか」考えていなかったケース


幸せエピソード
親の反対を押し切る形で、当時の彼と結婚をしましたが、数年後、離婚することに…。
再婚どころか、だれかと生活を共にすること自体に嫌気がさしていたのですが、そんな時に出会ったのが今の夫でした。変に男女を意識することもなく、お互いに自然体でいられたのが良かったと思います。

失敗エピソード
付き合って2年になる彼氏がいる、30代のバツイチです。再婚はしたいと思うのですが、どうしても積極的になれません。
というのも、離婚してから実家に戻った今の生活を、変える気になれないのです。
この環境に甘えてしまっている自分が恥ずかしくなる時があります…。

エピソードからわかること:お互いのイメージする結婚生活について話し合う

離婚をしたことで「自分は結婚生活に向いていないんじゃないか」と考える人がいますが、そんなことはありません。
他人だった二人が一つ屋根の下で暮らすので、考えが合わないこともあるでしょう。
そのときに自分と相手、両方の幸せを望めるように、どういった結婚生活を送りたいのかしっかりと話し合うことが大切です。

その3:生活するうえで、優先順位の違いに気づけなかったケース


幸せエピソード
再婚をして一緒に暮らし始める前に、お互いに我慢できないところと譲れるところを決めました。最初は喧嘩になりましたが、元夫との離婚原因が生活のルールを決めず、おざなりになっていたせいだったので、その反省を生かしました。
生活を共にするのだから、決めておいて本当に良かったと思っています。

失敗エピソード
交際4ヵ月で再婚をしました。しかしその直後、旦那に数百万の借金が発覚!
借金の返済や家賃などで給料は消え、私のパート代が生活費のすべてでした。
前の旦那と離婚したのもお金が原因だったのに、なぜまた同じことを繰り返してしまったのでしょうか。自由人と再婚したことを悔やむばかりです。

エピソードからわかること:共通ルールを決めておく

交際と結婚で大きく違う部分は、生活を共にするということです。これまでまったく違う環境で生きてきた二人だから、価値観や考え方は違って当たり前。
アメリカやヨーロッパなどでは夫婦の一般的な決まり事として、婚前契約を交わすほどです。
「あなたのどこがおかしい」と言い合うよりも、「この部分はこうしよう」とお互い建設的に考えることが大切です。
特に、お金に関するルールは重要!「結婚前からお金の話なんて…」と思うかもしれませんが、幸せな再婚をするためには見過ごせません。

幸せと失敗の分かれ目に気付くべし!!

「それが分かっていれば離婚なんてしていないわよ!」なんて憤らずに、幸せな再婚をするために気を付けるポイントを確認しておきましょう。

これまでまったく違う環境で生きてきた二人だから、価値観や考え方は違って当たり前。

  • 感情だけに身を委ねず、時間を置いて考える
  • パートナーとの結婚生活のイメージを話し合う
  • 共通ルール&妥協できる点を決める

結婚は、一人でするものではありません。

自分が幸せになるだけじゃなく、相手と幸せになる方法を二人で見つけていきましょう。

成功者が語るバツイチ婚活のススメ