バツイチの味方!婚活のススメHOME » バツイチ婚活相談室~あなたの悩みに答えます~ » 相続はどうなる?バツイチとの再婚

相続はどうなる?バツイチとの再婚

相続はどうなる?バツイチとの再婚

再婚する相手がバツイチ子持ちの場合、気を付けておきたいポイントを解説します。

バツイチ子持ち男性との再婚が敬遠される理由

離婚率の増加から、バツイチは珍しくなくなった現代。婚活市場でも「恋愛経験ゼロより経験があった方が安心」と、バツイチであることは決してハンデにはなりません。しかし、子どもアリのバツイチとなると話は別。別れた家族と関係は無いとは言え、血がつながった子どもがいることは相手にとって複雑なのです。また、養育費をはじめ、進学の費用、そして相続の問題が出てくるため敬遠される傾向にあるようです。

増加する相続トラブル

バツイチとの再婚で、特に法律相談所への相談が多いのが”相続”について。例えば、バツイチ子持ち男性(子どもは元妻が引き取っている)と結婚する場合について。元妻も別の男性と再婚し、新しい父親と子どもを養子縁組したとしても、バツイチ子持ち男性の死後の財産に対する子どもの相続権は消滅しません。実親子関係というものは永遠に消滅しないからです。相続の際には、後妻と後妻の子、そして前妻の子という相続人全員で遺産分割協議を行わなければならず、相続人のうち1人でも遺産分割協議に参加していないとその協議は無効になります。つまり、前妻の子を除いて遺産分割をすることはできないと考えていた方がいいでしょう。前妻の子どもの相続の取り分を少なくするため、全財産を現在の妻に相続させる旨の公正証書遺言をしてもらうことができますが、子持ちバツイチとの再婚は”相続”という大きな問題を抱えることになることは把握しておきましょう。

相続人の対象は生前に把握して

バツイチの結婚に伴う相続時のリスク回避について、まず大切なのが自分や相手の相続人となる子どもは誰か、何人いるのか、どこに住んでいるのかを把握し、明確にしておくということ。なぜなら遺産相続を協議する際、まずは「相続人の確定」が第一となるからです。誰が相続人になり、遺産分割協議の当事者になるかということを確定するために、これらを書面化しておけば、弁護士を立てて相談する場合などにもスムーズに説明ができるでしょう。

バツイチの再婚には、”相続問題はつきもの”と考え、お互いが関心を持ち準備することで死後に争いが起きるリスクを軽減できます。お互いが相続について関心を持ち、予め取れる対策は取っておくことをおすすめします。

成功者が語るバツイチ婚活のススメ